フランス語で「貴婦人」を意味するラ・ヴィエルジェは、ホエールウォッチングで有名なヘルマナスのあるオーバーバーグ地方のヘメル・アン・アールダ山地に囲まれた地区で、ピノノワール主体のワイン造りを行っています。ラ・ヴィエルジェの各シリーズのワイン名は、愛、宇宙、哲学、思想、ラテン芸術などに由来しており、ワイナリーは認定産地のヘメル・アン・アールダ・リッジにあります。

 

ワイナリーの駐車場で車から降りて周囲を見渡すと、葡萄はどこにあるのだろうと思う人がいます。実は、併設レストランの窓から見える小さなブドウ畑のほかに、バビロンファームというセラーから10kmほど離れたところに、自社畑が広がっており、収穫されたブドウはここからセラーに運ばれます。バビロンファームでは、受賞歴あるワインを生む素晴らしいブドウが栽培されています。

 

この機会にいくつか興味深いことをお話しすると、ワイナリーはヘメル・アン・アールダ・リッジと呼ばれる地区にあり、ヘメル・アン・アールダ・ヴァレーとは少し異なります。海風が吹くため気温が低く、降雨量が多い地域です。約44ヘクタールほどの畑は、乾地農法を採用しているため、この降雨量の多さは非常に有効で、灌漑をする必要がありません。その結果、ヘクタールあたりの収穫量は少なくなりますが、その分品質が高く、つまり「良い果実ほど良いワインができる」と言えます。また、トレリス(棚)を設置する際にトラムラインシステムを使用することで、ヘクタールあたりのブドウの樹の密度を高め、収穫量の少なさを補うことが可能となりました。 ワイナリーが最も誇るべきことを上げるとすれば、それぞれ小さな畑ではありますが、10種類以上の品種を栽培していることと言えるでしょう。この地域はピノ・ノワールとシャルドネで有名ですが、ソーヴィニヨン・ブラン、サンジョヴェーゼ、シラーズ、メルロ、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルド、セミヨン、リースリングも栽培しています。 

 

ワインメーカーのChristo Kotzeは、2017年にアシスタントワインメーカーとしてラ・ヴィエルジュのチームに加わりました。しかし、彼のワインメーカーとしてのキャリアについて説明すると、ステレンボッシュ大学で学位を取得した後、彼は最初にRust en Vredeで収穫を経験し、その後Rustenburg Winesに移りました。しかし、この広い視野を持った冒険家は、南アフリカの伝統的な食文化、すなわちビルトンとブライの食文化から離れ、オーストラリアとアメリカのワイナリーで経験を積むために渡航することを決意しました。2017年に南アフリカに戻ると、Christoはラ・ヴィエルジュのチームに加わる機会を得ました。そして、ワインメーカーの空席が出たため、この困難でありながらも充実した役割を引き受け、現在に至っています。」

 

 


2020 ラストテンプテーション・リースリング

2020 La Vierge, The Last Temptation Riesling

 

優良年のみ生産するプレミアムワイン。ミネラル感たっぷりの清々しい酸味をもつ味わい。

 

ラ・ヴィエルジュの各シリーズのワイン名には、愛、宇宙、哲学、思想、ラテン芸術などからとった名前が採用されており、このワイン「The Last Temptation」というフレーズは、一般的には最後の試練、最後の誘惑を意味します。飲む者にとって魅惑的で、想像を超えるほどの味わいで、心地よい香りを楽しめる、まさに最高の一杯という意味を持たせたかったワインです。また、このワインは、リースリングの愛飲家にとって最後の境地となるように、品種の個性がハッキリでた香りで、ミネラル感たっぷりの清々しい酸味と果実味には独特の深みがあり、長い余韻を残すワインとして、感動を共有したいとの思いが込められています。きっと、自分自身を超える新たな境地を開くことができる最後の誘惑となり、その瞬間、過去の自分を捨て、未来への新たな道を切り開く決断をすることができるかもしれません。

 

レモンやライムの柑橘系のアロマに続き、ジンジャー、青りんご、セメダインなどの複雑な香りが特徴的です。味わいは、きりっと引き締まるような酸味とミネラル感が際立ち、辛口のスタイルを素晴しく印象付け、余韻も長く続きます。

 

品種:リースリング100%。WO:ウォーカーベイ、ヘメル・アン・アールダ・リッジ。土壌: ボッケベルドの珪藻土頁岩。樹齢:7年。ヘメル・エン・アールダ・リッジにあるウォーカーベイのブドウ畑は、大西洋に近接しているのが特徴です。海洋性気候は比較的温暖で、平行する山脈が夏の間、南寄りの海風をこの地域に送り込み、この風は、渓谷に定期的な海霧と曇り空をもたらし、気温をより均一にします。平均温度は19度で、年間降水量は約750mm。

 

ヴァイサー・リースリングのブドウは、最適な品質を確保するために早朝に収穫した。冷涼な房は全房プレスし、強いフェノールの特徴を抽出することなく、クリーンな果汁を確保した。果汁は2日間低温で清澄させ、澱引きし、酵母を添加した。発酵はクリーンで爽やかな風味を保つために低温発酵させる。風味の輪郭を広げるために短期ジュールリーさせた後、最終的にろ過し、瓶詰めした。生産本数:203ケース X 6本

 

alc: 12.98 ph: 2.96  rs: 1.90 ta: 8.0

 

***************************************** 

The Vineyard

This limited offering is our Riesling from shy-bearing vineyards that are situated in Hemel-en-Aarde Ridge. The wine is a true reflection of the potential of the unique terroir of our Babylon Farm.Origin: Hemel-en-Aarde Ridge, Walker BaySoil Type: Planted to Argillaceous Shale of the Bokkeveld Series.

 

Aspect: South East

Trellising System: Vertical Shoot Positioning (Perold)

Age of Vines: 10 years

Vines per hectare: 5400

 

Climate

These Walker Bay vineyards of Hemel en Aarde Ridge, are situated within close proximity to the Atlantic Ocean. The maritime climate being more temperate in style, where parallel mountain ranges channel the southerly sea breezes through the appellation during the summer. These winds in turn bring regular sea mists and overcast conditions to the valley and with it more even temperatures. The average temperature is 19° C and rainfall, approximately, 750mm per year.

 

The Harvest

All grapes were harvested by hand in cool early morning temperatures. The tonnage was very low due to poor cropping and difficulties with rot.

Average Yield: 5 tons/ha (33hl/ha)

 

The Cellar

The Riesling grapes are harvested early in the morning and then destemmed and crushed at cold temperatures using dry ice to prevent oxidation of the must and to preserve flavours and aromas. The must then undergoes a period of skin contact of 3 hours at 10° C to capture concentration from the skins. The skins are then pressed lightly and the juice left to settle for a period of 48 hours at 5° C, after which the fermentation is started in stainless steel tanks and is maintained at temperatures between 13 & 17° C until the wine is dry. Further ageing occurs in tank, on the lees for a period of 12 months with lee’s stirring to encourage and promote the texture and complexity of the wine. Further settling and ageing occurs in bottle prior to release a year and a half after vintage.

 

Production: 203 cases of 6 x 750ml bottles

 

 

希望小売価格(消費税抜き):¥3,500 (750ml)

JAN:6009825450209 発売前  ショップへ行く

 


2021 ラ・ヴィエルジェ セダクション ピノノワール

2021 La Vierge, Seduction Pinot Noir

 

教科書通りの品種の香りと甘酸っぱいキャンディのような果実感が魅力

 

ラ・ヴィエルジュの各シリーズのワイン名には、宇宙、哲学、思想、ラテン芸術などからとった名前が採用されており、このワイン「Seduction:誘惑」というフレーズには、ロマンチックな響きがあり、魅惑的で誘惑的な印象を込め、以下のような意味合いを持たせました。

 

1.魅惑的な味わい:ワインが魅惑的で誘惑的な味わいを持っていることの暗示。このワインは、飲む人を魅了し、虜にするような美味しさがあるということを表現したかった。

2.ロマンチックな雰囲気:「Seduction」は、ロマンティックな雰囲気を持つ言葉でもあるので、特別な場面やロマンティックなデートにぴったりなワインであることを暗示したかった。

3.誘惑的な香り:「Seduction」は、香りについても魅力的な印象があるので、豊かで誘惑的な香りがあり、飲む前からその魅力に引き込まれるようなワインであることを伝えたい思いを込めた。

 

プラムやブラックチェリーなど、表情豊かで、わかりやすいダークフルーツを思わせる香り。酸味は穏やかで、心地よいチャーミングな果実味が若々しいワイン印象付け、ミネラルのバックボーンは、強すぎない渋味とともにワインの骨格を補完しています。

 

品種:ピノノワール100%(クローン:113, 114, 115, 667 and 777)。WO:ウォーカーベイ、ヘメル・アン・アールダ・リッジ。土壌: ボッケベルドの珪藻土頁岩。樹齢:10

~12年。ヘメル・エン・アールダ・リッジにあるウォーカーベイのブドウ畑は、大西洋に近接しているのが特徴です。海洋性気候は比較的温暖で、平行する山脈が夏の間、南寄りの海風をこの地域に送り込み、この風は、渓谷に定期的な海霧と曇り空をもたらし、気温をより均一にします。平均温度は19度で、年間降水量は約750mm。

 

葡萄は3つのバッチに分けられ、早朝の涼しい気温の時に手摘みで収穫。一晩低温貯蔵した後、選別し、1バッチは部分的に除梗し、50%全房で発酵させ、残りの2バッチは完全に除梗し、優しく破砕して発酵槽に移す。3日間の低温マセラシオン後、完全にドライになるまで醗酵させた後、軽くプレスし、ワインを澱引きしてステンレス・タンクに入れ、9ヶ月間の熟成を行った。最終的なブレンドは瓶詰めの1ヶ月前に行われ、ワインはリリース前に瓶内でさらに熟成させた。 

alc: 13.79  ph: 3.52  rs: 3.10 ta: 5.8

 

*****************************************

Styling

The wine has an expressive dark fruit character, full of plum and black cherries. There is a savory undertone that gives a complexity to the wine that is complementary to the mineral backbone.

 

The Vineyard

The Seduction Pinot Noir has been custom made to entice a younger generation of wine lovers to the welcoming bosom of Pinot Noir. Upfront fruit, supple lines and the

inherent length and grace of Pinot noir structure should entice both younger and older lovers of wine.

 

Origin: Hemel-en-Aarde Ridge

Soil Type: Planted to Argillaceous Shale of the Bokkeveld Series 

Aspect:North West

Trellising System:Vertical Shoot Positioning (Perold)

Age of Vines:10 – 12years

Vines per hectare:5500 – 7000

Clones:113, 114, 115, 667 and 777

Average Yield:2 – 5 tons/ha (13 – 33 hl/ha)

Production:2,040 cases of 6 x 750ml bottles

 

Climate

The Pinot Noir planted on our farm in the new ward of Hemel-en-Aarde Ridge, 10km in proximity to the Atlantic Ocean. The climate being “temperate” in style, where the southerly maritime winds blow through the appellations during the summer. These winds in turn bring regular sea mists and overcast conditions to the areas and with it more even temperatures. The average temperature is 19° C and rainfall, approximately, 750mm per year.

 

Technical details:

The grapes were harvested in three batches by hand enjoying cool early morning temperatures. After overnight cold storage they were sorted, one batch was

partially destemmed and fermented with 50% whole cluster whilst the o ther two batches were fully destemmed and gently crushed into red ferment tanks. Cold

maceration occurred for 3 days where after the grapes were fermented until dry. The skins were then lightly pressed, and the wine racked into stainless steel tanks

for 9 months ageing and maturation. Final blending occurred one month prior to bottling and the wine was allowed to develop further in bottle prior to release.

 

FOOD SUGGESTIONS:

Enjoy slightly chilled on a warm summer’s day or with earthy pasta dishes of butternut and mushroom, roast duck or slow roasted pork.

 

 

希望小売価格(消費税抜き):¥3,500 (750ml)

JAN:6009825450261  発売前 ショップへ行く

 


2021 ラ・ヴィエルジェ アフェアー ピノノワール

2021 La Vierge, The Affair Pinot Noir 

 

教科書通りの品種の香りと、心地よい凝縮感の広がりを感じる果実味が魅力

 

ラ・ヴィエルジュの各シリーズのワイン名には、宇宙、哲学、思想、ラテン芸術などからとった名前が採用されており、このワインは、「The Affair」という男女の関係に使われることの多い言葉ではありますが、ラ・ヴィエルジェとしては、

 

1.秘密や謎めいた雰囲気を持ったワイン: 香りと味わいに、謎めいたイメージを持たせたため、深い味わいや複雑な香りを持った、秘密めいたワインとして表現したかった。

 

2.感情や情熱を表現したワイン:男女の関係を暗示させたこのワインには、愛情や情熱を表現する、華やかな香りや味わいを持つワインとして表現させたかった。

 

3.非日常的な体験や冒険を連想させるワイン:秘密めいた体験や冒険を想像させたいと願い、非日常的な味わいや、新鮮で刺激的なワインとして表現したかった。

 

以上のようなイメージを込めたこの "The Affair"は、消費者にとって興味深く、ワインの世界に新しい風を吹き込むことができるかもしれません。Affair Pinot Noirは、ピノ・ノワールのソフトで女性的な側面、つまり、花の香り、スパイスのヒント、シルキーな感じと、男性的な直線的な強さのタンニン、オークの香り、暗い森の土のアロマとの重なりを表現した、洗練されたスタイルのピノ・ノワールです。香りのボリュームは高めで、レーズン、プルーン、イチジクのコンポート、ブラックベリー、わずかにキャラメルやチョコレートを思わせる香りが広がる。穏やかな酸味に、凝縮感あふれる果実味が広がり、骨格のしっかりした強すぎないタンニンが味わいのバランスをとっていて、余韻も長い。

 

品種:ピノノワール100%(クローン:113, 114, 115, 667 and 777)。WO:ウォーカーベイ、ヘメル・アン・アールダ・リッジ。土壌: ボッケベルドの珪藻土頁岩。樹齢:8~10年。ヘメル・エン・アールダ・リッジにあるウォーカーベイのブドウ畑は、大西洋に近接しているのが特徴です。海洋性気候は比較的温暖で、平行する山脈が夏の間、南寄りの海風をこの地域に送り込み、この風は、渓谷に定期的な海霧と曇り空をもたらし、気温をより均一にします。平均温度は19度で、年間降水量は約750mm。

 

一晩の低温貯蔵の後、選別、除梗し、優しく破砕して発酵槽へ移す。平均3日間のコールド・マセラシオンさせ、ブルゴーニュの酵母を添加。その後、ワインは温度管理されながら完全醗酵させる。果皮を軽くプレスし、厳選したフレンチオーク樽に移し替えて9ヶ月間熟成(うち25%は新樽)。最終的なブレンドは瓶詰めの1ヶ月前に行われ、ワインはリリース前に瓶内でさらに熟成させた。生産本数:2,185ケース X 6本

alc: 13.01  ph: 3.45  rs: 2.37 ta: 5.80 

 

*****************************************

Styling

The wine has an expressive dark fruit character, full of plum and black cherries. There is a savory undertone that gives a complexity to the wine that is complementary to the mineral backbone.

 

Tasting Notes

The Affair Pinot Noir is a refined style of Pinot Noir showcasing the love affair between the soft, feminine side of Pinot, being the floral notes, hints of spice and silkiness; and the masculine linear strength of the tannins, hints of oak and brooding dark forest floor aromas.

 

The Vineyard

Origin: Hemel-en-Aarde Ridge

Soil Type: Planted to Shale of the Bokkeveld Series

Aspect: North West

Trellising System: Vertical Shoot Positioning (Perold)

Age of Vines: 8 – 10 years

Vines per hectare: 5,400 – 6,750

 

Climate

The Pinot Noir planted on our farm in the new ward of Hemel-en-Aarde Ridge, 10km in proximity to the Atlantic Ocean. The climate being “temperate” in style, where the southerly maritime winds blow through the appellations during the summer. These winds in turn bring regular sea mists and overcast conditions to the areas and with it more even temperatures. The average temperature is 19° C and rainfall, approximately, 750mm per year.

 

The Cellar

After overnight cold storage they were sorted, destemmed and gently crushed into red ferment tanks. Cold maceration occurred for an average of 3 days after which the cooling was turned off and the juice was inoculated with a Burgundian yeast strain. The wine was then fermented under controlled temperatures until dry. The skins were then lightly pressed and the wine racked into a selection of French Oak barrels for 9 months ageing and maturation, 25% of which were new. Final blending occurred one month prior to bottling and the wine was allowed to develop further in bottle prior to release.

 

FOOD SUGGESTIONS:

Enjoy this wine with tapas snacks, cheese and light meals with friends and good times. To show her true delicate nature, served slightly chilled.

 

 

希望小売価格(消費税抜き):¥4,800 (750ml)

JAN:6009825450476  発売前 ショップへ行く

 


2017 ラ・ヴィエルジェ ノワール

2017 La Vierge, Noir

 

ラ・ヴィエルジェのピノ・ノワールの基本スタイル 科書通りの品種の香りと凝縮感の広がる果実味が魅力

 

ラ・ヴィエルジュの各シリーズのワイン名には、宇宙、哲学、思想、ラテン芸術などからとった名前が採用されており、このワインは、イシスのような神秘的な異教の女性パワーの女神であれ、世界中の芸術作品に反映されているように、カトリックで広く知られている肌の色が黒い聖母、ブラックマドンナまたはブラックバージンという存在を、このピノ・ノワールに冠しており、ラ・ヴィエルジェのコンセプトにふさわしい名前です。

 

このワインは、冷涼な気候の中で、土っぽさと明るい果実のキャラクターを持つ、落ち着きとエレガンスを示しています。この2017ヴィンテージは、ブルゴーニュのピノの典型的な土っぽい香りと風味に似ており、赤い果実の特徴に裏打ちされている。収穫時にクローンやブロックをより多く選択し、ブレンド時に旧式の要素を取り入れることで、以前のヴィンテージよりもより濃く、より質感のあるスタイルになっています。単一区画のこのワインは、美しい果実の主体性と穏やかな花の風味を表しています。繊細なタンニンとエレガントなミネラルの芯があり、リリース当初から美味しく飲め、少なくとも5年目から本領発揮する熟成に耐えるワインです。

 

品種:ピノノワール100%(クローン:113, 114, 115, 667 and 777)。WO:ウォーカーベイ、ヘメル・アン・アールダ・リッジ。土壌: ボッケベルドの珪藻土頁岩。樹齢:3~7年。ヘメル・エン・アールダ・リッジにあるウォーカーベイのブドウ畑は、大西洋に近接しているのが特徴です。海洋性気候は比較的温暖で、平行する山脈が夏の間、南寄りの海風をこの地域に送り込み、この風は、渓谷に定期的な海霧と曇り空をもたらし、気温をより一定に保ちます。平均温度は19度で、年間降水量は約750mm。

 

一晩の低温貯蔵の後、選別、除梗し、優しく破砕して発酵槽へ移す。平均3日間のコールド・マセラシオンさせ、ブルゴーニュの酵母を添加。その後、ワインは温度管理されながら完全醗酵させる。35%はタンク内で全房発酵させた。果皮を軽くプレスし、厳選したフレンチオーク樽に移し替えて9ヶ月間熟成(うち30%は新樽)。最終的なブレンドは瓶詰めの1ヶ月前に行われ、ワインはリリース前に瓶内でさらに熟成させた。生産本数:1,650ケース X 6本

alc: 13.99  ph: 3.44  rs: 2.30 ta: 5.80 

 

受賞歴:Platter’s 4*, Tim Atkin MW 91, Gilbert & Gaillard 92, Pinot Noir SA Top 5.

*****************************************

Tasting Notes

Whether a mystical pagan goddess of feminine power such as Isis, or the popular Catholic of the Virgin Mary with a darker complexion as reflected in artwork around the world, the Black Madonna or Black Virgin is an apt name for our Pinot Noir. This wine shows cool climate poise and elegance with an earthy and bright fruit character.This vintage expresses the typical earthy and savoury aroma of this fine Burgundy variety and is backed by a red fruit character. A greater selection clones and blocks during picking and older elements in the blend shows a darker and more textured style in bottle from previous vintages.

 

Styling

The wine has an expressive dark fruit character, full of plum and black cherries. There is a savory undertone that gives a complexity to the wine that is complementary to the mineral backbone.

 

The Vineyard

This our Pinot Noir from vines situated in the newly declared ward of Hemel en Aarde Ridge. This wine shows cool climate poise and elegance with an earthy and bright fruit character.Origin: Hemel-en-Aarde Ridge

 

Soil Type: Planted to Argillaceous Shale of the Bokkeveld Series

Aspect: North West

Trellising System: Vertical Shoot Positioning (Perold)

Age of Vines: 3 – 7 years

Vines per Hectare: 5500 – 7000 Average

 

The Cellar

After overnight cold storage they were sorted, destemmed and gently crushed into red ferment tanks. A 35% portion was fermented whole bunch in the tank. Cold maceration occurred for 7 days.  The wine was then fermented under controlled temperatures until dry.  The skins were then lightly pressed and the wine racked into a selection of French Oak Barriques (30% new barrels) for 9 months ageing and maturation. Final blending occurred one month prior to bottling and the wine was allowed to develop further in bottle prior to release

 

Production: 1650 cases of 6 x 750ml bottles

 

FOOD SUGGESTIONS:

Enjoy this wine with mushroom risotto, roast game, cream-based pasta and hard cheese platters.

 

 

希望小売価格(消費税抜き):¥6,000 (750ml)

JAN:6009825450179  発売前 ショップへ行く

 


2017 ラ・ヴィエルジェ アポジー・ピノノワール

2017 La Vierge, Apogée Pinot Noir

※当該商品は限定品につき、ご希望の場合は「お問い合わせ」ください。

This wine is allocation basis, please contact the availability.

 

ラ・ヴィエルジェのフラッグシップ・ピノ・ノワール 南アを代表するピノ・ノワール

 

ラ・ヴィエルジュの各シリーズのワイン名には、宇宙、哲学、思想、ラテン芸術などからとった名前が採用されており、このワイン「Apogée (仏): Apogee(アポジー):(英)」は、最高点やクライマックスを意味する英語の言葉です。例えば、キャリアやパフォーマンス、天体の軌道などです。また、天文学や宇宙探査では、人工衛星や宇宙船が周回している天体から最も遠い点を指すこともあります。その名の通り、ラ・ヴィエルジュの究極の表現であり、畑とワイナリーの両方における我々の努力の結晶とい意味です。

 

ラ・ヴィエルジュのApogéeシリーズは、美しい畑のテロワールを最大限に表現しています。標高、立地、クローン、土壌など、私たちの畑を個性的なものにしている微妙な違いを最大限に生かし、畑の特徴をそのまま表現したワインです。ワイン造りの介入は最小限にとどめ、ブドウの木が自ら語るように仕上げています。

 

ダークプラム、チェリー、スミレを思わせるアロマ、また、クローブ、ブラックペッパー、コリアンダーシードなど、典型的なヘメル・アン・アルデの香りとスパイスを思わせる香りがあります。口当たりは穏やかで心地よく、生き生きとした酸が果実の凝縮感とバランスをとっています。樽香は口の中で支えとなり、柔らかい森林の下草とスパイシーな印象のフィニッシュで、余韻も長めです。

 

品種:ピノノワール100%(クローン:115のみ)。WO:ウォーカーベイ、ヘメル・アン・アールダ・リッジ。土壌: ボッケベルドの珪藻土頁岩。樹齢:3~7年。早朝の涼しい気温の中、全ての葡萄を手摘みで収穫。特定の畑はクローン115と777で構成されていますが、2017年は115のみをこのワインに使用しました。畑の中で最も標高の高いピノのブロックを使用することで、ゆっくりと熟すことができ、早すぎる糖度の蓄積に悩まされることなく、質感のあるワインに仕上りました。ヘメル・エン・アールダ・リッジにあるウォーカーベイのブドウ畑は、大西洋に近接しているのが特徴です。海洋性気候は比較的温暖で、平行する山脈が夏の間、南寄りの海風をこの地域に送り込み、この風は、渓谷に定期的な海霧と曇り空をもたらし、気温をより一定に保ちます。平均温度は19度で、年間降水量は約750mm。

 

葡萄は1.5トンの小ぶりの発酵槽で破砕された。3日間の低温浸漬の後、2週間自然発酵を行う。発酵後、さらに4-5日間果皮浸漬を行った。その後、ワインは熟成のために樽に移し。新樽100%で10ヶ月間熟成させ、その後3年目の樽に移し替え、さらに6ヶ月間熟成させた。瓶詰め時に大まかな濾過のみ行った。生産本数:600本 (250Lの樽、2樽分)

alc: 13.73  ph: 3.51  rs: 1.99 ta: 5.37 

 

受賞歴:Platter’s 4*, Tim Atkin MW 91, パーカー90、南アワインインデックス93, 

 

*****************************************

Tasting Notes

The wine shows the dark fruit expression of dark plum, cherry and violet aromas. There is a typical Hemel & Aarde savoury and spice expression of cloves, cracked black pepper, and coriander seed. It has a well-textured palate and vibrant acidity which balances the front palate fruit weight. The oaking is supportive on the palate and helps carry the finish of soft forest floor and spicy notes.

 

Styling

The wine has an expressive dark fruit character, full of plum and black cherries. There is a savory undertone that gives a complexity to the wine that is complementary to the mineral backbone.

 

The Vineyard

This our Pinot Noir from vines situated in the newly declared ward of Hemel en Aarde Ridge. This wine shows cool climate poise and elegance with an earthy and bright fruit character.Origin: Hemel-en-Aarde Ridge

 

Origin: Hemel-en-Aarde Ridge Pinot Noir 100%

Soil Type: Planted to Argillaceous Shale of the Bokkeveld Series

Aspect: South East

Trellising System: Vertical Shoot Positioning (Perold)

Age of Vines: 7 years

Vines per hectare: 6771

Production: 5 tons/ha

Production: 600 bottles (two 225L barrel production)

 

 

The Cellar

The grapes were crushed into small 1.5-ton fermenters. A cold soak period of 3 days prior to natural fermentation took place, which lasted 2 weeks. A further 4-5 days on the skins post ferment was allowed. The wine was then pressed off to the barrel for maturation. It spent 10 months in 100% new oak and was then transferred to 3rd fill barrels for a further 6 months. Only a rough filtration took place at bottling.

 

FOOD SUGGESTIONS:

Enjoy this wine with mushroom risotto, roast game, cream-based pasta and hard cheese platters.

 

 

希望小売価格(消費税抜き):¥12,500 (750ml)

JAN:6009825450186  発売前 ショップへ行く

 


2020  ラ・ヴィエルジェ アンテリア・シラー

2020 La Vierge, Anthelia Syrah

 

ついに見つけたローヌ系のシラー。南アとは思えないエレガントなシラー

 

ラ・ヴィエルジュの各シリーズのワイン名には、宇宙、哲学、思想、ラテン芸術などからとった名前が採用されており、このワインは、天文分野の「反対幻日:anthelionアントゥヒーリオンの複数形」という現象に由来します。「反対幻日」という言葉は、太陽が地平線に沈む直前や昇る直後に、反対側の空に見える幻想的な夕日や朝日のことを指します。具体的には、太陽が地平線に沈む直前には、反対側の空にオレンジ色や赤色のグラデーションが現れ、夕日と対になるような美しい光景が見られます。また、太陽が地平線から昇る直後には、反対側の空に青色や紫色のグラデーションが現れ、朝日と対になるような幻想的な光景が見られます。つまり、このワインの名前である「アンテリア:反対幻日」は、夕日や朝日と同じように美しく、人々の心を癒し、感動を与える自然の光景をワインになぞらえています。

 

冷涼な気候のシラーズのエレガンスが表現されており、プラム、ダークチェリー、コショウ、シナモン、クローブ、砕いたコリアンダーの複雑なスパイスの香りが感じられます。口に含むと、豊かで艶やかで、ダークフルーツの豊かな風味が広がります。

 

品種:シラー100%。WO:ウォーカーベイ、ヘメル・アン・アールダ・リッジ。土壌: ボッケベルドの珪藻土頁岩。樹齢:10年。2つのブロックのシラーは、早朝の涼しい気温を楽しみながら、手作業で別々に収穫されました。収穫は3月中に2回に分けて行われました。これは、より複雑なワイン特性を実現するために行われたものであり、もう1つのブロックは、果実の重量と強度を高めるために、日光によく当たるように管理しました。ヘメル・エン・アールダ・リッジにあるウォーカーベイのブドウ畑は、大西洋に近接しているのが特徴です。海洋性気候は比較的温暖で、平行する山脈が夏の間、南寄りの海風をこの地域に送り込み、この風は、渓谷に定期的な海霧と曇り空をもたらし、気温をより一定に保ちます。平均温度は19度で、年間降水量は約750mm。

 

一晩の低温貯蔵の後、ブドウは除梗され、破砕されて発酵タンクに移す。3~7日間、低温マセラシオンを行い、その後、ワインは温度管理されながら完全発酵した。その後、果皮を軽くプレスし、澱引きの後、厳選したフレンチオークバリックで16ヶ月間熟成させる。最終的なブレンドは瓶詰めの2ヶ月前に行われ、ワインはリリース前に瓶の中でさらに熟成させられました。生産本数:606ケース X 6本

alc: 14.08  ph: 3.38  rs: 2.60 ta: 5.80 

 

受賞歴

 

*****************************************

 

Tasting Notes

The wine shows the dark fruit expression of dark plum, cherry and violet aromas. There is a typical Hemel & Aarde savoury and spice expression of cloves, cracked black pepper, and coriander seed. It has a well-textured palate and vibrant acidity which balances the front palate fruit weight. The oaking is supportive on the palate and helps carry the finish of soft forest floor and spicy notes.

 

Styling

This elegant expression of cool climate Shiraz exhibits soft plum, dark cherry and complex spicy notes of pepper, cinnamon, cloves and crushed coriander. The palate is full and lush, broad on entry with rich in dark fruits. Enjoy now or for the next 5 years.

 

The Harvest

The 2 blocks of Syrah were harvested separately by hand enjoying cool early morning temperatures. The grapes were harvested in 2 different batches throughout March. This was carried out in order to achieve a more complex wine profile. One block was managed with more dappled light in the canopy to ensure spicy aromas and a savoury element and the other block with greater f exposure to sunlight for primary fruit weight and intensity. 

 

The Vineyard

Varietal Syrah (100%)

Origin: Hemel-en-Aarde Ridge

Soil Type: Deep Clay soils of the Bokkeveld series

Aspect: North and North West

Age of Vines: 10 years

Vines per hectare: 5500

Average Yield: 8 tons/ha

Production: 606 cases of 6 x 750ml bottles

 

The Cellar

After overnight cold storage grapes were de-stemmed and crushed into red ferment tanks. Cold maceration occurred for 3 – 7 days. The wine was then fermented under controlled temperatures until dry. The skins were then lightly pressed, and the wine racked into a selection of French Oak Barriques  for 16 months ageing and maturation. Final blending occurred 2 months prior to bottling and the wine was allowed to develop further in bottle prior to release.

 

FOOD SUGGESTIONS:

Enjoy this wine with mushroom risotto, roast game, cream-based pasta and hard cheese platters.

 

 

希望小売価格(消費税抜き):¥4,500 (750ml)

JAN:6009825450186  発売前 ショップへ行く

 


2020  ラ・ヴィエルジェ サティリコン・サンジョヴェーゼ

2020 La Vierge, Satyricon Sangiovese 

 

ラ・ヴィエルジュの各シリーズのワイン名には、宇宙、哲学、思想などからとった名前が採用されており、このサティリコンは、ローマ帝国の初期にガイウス・ペトロニウスによって書かれたラテン語の風刺小説の名前に由来する。ローマ時代の小説としては珍しく、人間が大切にしてきた無垢な心を犠牲にしてでも、知識や知恵を得ようとする意図的な旅を通して、欲望、愛、誘惑の物語が描かれている物語です。 

 

サンジョヴェーゼの特徴である、明るいチェリーの果実味と香ばしいスパイスが感じられるワインです。口当たりは滑らかで、花のニュアンスとほのかに土っぽい風味があります。焼き茄子、トマトベースのパスタ、生ハムなどのクラシックなイタリア料理と合わせるのに理想的です。適度なタンニンと明るい酸味は、発売当初からよく飲み、少なくとも2~5年は熟成するでしょう。

 

品種:サンッジョベーゼ100%。WO:ウォーカーベイ、ヘメル・アン・アールダ・リッジ。土壌: ボッケベルドの珪藻土頁岩。樹齢:14年。一晩低温で保管した後、除梗・破砕して発酵タンクに移し、。3日間低温マセラシオンを行なう。その後、ワインは温度管理されながら完全発酵させる。皮は軽くプレスされ、ワインは14ヶ月間熟成させるため、厳選されたフレンチオークの古いバリックに移す。澱引き後、最終的なブレンドは瓶詰めの1ヶ月前に行われ、ワインはリリース前に瓶の中でさらに熟成させた。ヘメル・エン・アールダ・リッジにあるウォーカーベイのブドウ畑は、大西洋に近接しているのが特徴です。海洋性気候は比較的温暖で、平行する山脈が夏の間、南寄りの海風をこの地域に送り込み、この風は、渓谷に定期的な海霧と曇り空をもたらし、気温をより一定に保ちます。平均温度は19度で、年間降水量は約750mm。生産本数:424 cases of 6 x 750ml bottles

alc: 13.17  ph: 3.36 rs: 1.50 ta: 5.80 

 

受賞歴:Platter’s 4*, Tim Atkin MW 91, パーカー90、南アワインインデックス93, 

 

*****************************************

Satyricon is a Latin work of satirical fiction written by Gaius Petroniusin the early days of the Roman Empire. This rare example of a Roman novel tells a story of lust, love and temptation through man’s deliberate journey to attain knowledge and wisdom, even if it is at the expense of his cherished innocence.

 

Tasting Notes

The wine shows the dark fruit expression of dark plum, cherry and violet aromas. There is a typical Hemel & Aarde savoury and spice expression of cloves, cracked black pepper, and coriander seed. It has a well-textured palate and vibrant acidity which balances the front palate fruit weight. The oaking is supportive on the palate and helps carry the finish of soft forest floor and spicy notes.

 

Styling

This wine shows the bright cherry fruit and savoury spice character typical of Sangiovese. The palate is smooth, with hints of floral notes and an almost dusty finish; ideal for pairing with classic Italian dishes like baked aubergine,tomato-based pasta and cured meats. Moderate tannin and a bright acidity will see this wine drinking well on release and developing for at least 2-5 years.

 

The Vineyard

Varietal: Sangiovese 100%

Origin: Hemel–en-Aarde Ridge

Soil Type: All varieties planted to Arenaceous shale of the Bokkeveld series

Aspect: North and North West

Trellising System: Vertical Shoot Positioning (Perold)

Age of Vines: 14 years

Vines per hectare: 5500

Average Yield: 5 tons/ha (33 hl/ha)

Production: 424 cases of 6 x 750mlbottles

 

The Cellar

The grapes were harvested by hand enjoying cool early morning temperatures.After overnight cold storage they were destemmed and crushed into red ferment tanks. Cold maceration occurred for 3 days. The wine was then fermented under controlled temperatures until dry. The skins were then lightly pressed, and the wine racked into a selection of old French Oak Barriques for 14 months ageing and maturation. Final blending occurred 1 months prior to bottling and the wine was allowed to develop further in bottle prior to release.

 

FOOD SUGGESTIONS:

This wine shows the bright cherry fruit and savoury spice character typical of Sangiovese. The palate is smooth, with hints of floral notes and an almost dusty finish; ideal for pairing with classic Italian dishes like baked aubergine, tomato-based pasta and cured meats.

 

当該商品は、「みたまり酒店」様、独占販売商品となります。

希望小売価格(消費税抜き):¥4,800 (750ml)

JAN:6009825450223  発売前 ショップへ行く