ケープワインの歴史

ケープワイン(南アフリカワイン)は、南アフリカの西ケープ州(Western Cape)で生産されています。

 

南アフリカで、最初にワインが造られたのは「1659年」のことで、カリフォルニアが1769年、オーストラリアは1788年であることを考えると、100年以上も早いといえます。およそ350年前に遡ります。言い換えれば、すでに110年~130年前にワインが作られていました。また、南アフリカの一大ワイン産地であるステレンボッシュ周辺の地層も大陸の誕生がアフリカを起源と考えれば、世界最古の大地でぶどうが栽培されているといえるでしょう。

 

オランダ人やドイツ人の入植以来、ワイン造りが脈々と続けられており、それらの多くは、欧州への輸出と国内消費にあてられてきました。ケープワインのテクスチュアが欧州的と感じられるのは、自然にうなずけると思います。

 

カリフォルニア、オーストラリア、そしてチリのワインは、ニューワールド(新世界、新大陸)と呼ばれて久しいです。いまや、ほんとうに多くのファンがこれら地域のワインを楽しんでいます。知名度の高いワインといったら、枚挙にいとまがないといえます。一方、ケープワインは、新しく耳にする産地という意味では、ニューワールドワインではあるが、歴史的に見て、まず、「ニュー:NEW」ではないし、現地のワイナリーで直接どう思うか質問すると、「ニューワールド」とは言ってほしくないという関係者もいます。

  

アパルトヘイト撤廃後の1992年以降、本格的に世界進出を始めたワイン産地なので、「アフリカでワインが作られているの?」と疑問を抱かれることがあるでしょう。もし、「未常識」というカテゴリーが存在するなら、まさに、ケープワイン(南アフリカワイン)は、これから常識になる、「未常識」に属するシンデレラではないでしょうか?

 

 

準備中

準備中

準備中