ポルトガル系品種のヴィ―ガンワイン

The Twist of Fate 2016

ザ・ツウィスト・オブ・フェイト

 

ティンタ・バロカ50%、
ティンタ・アマネーラ50%。
このワインの魅力は何と言っても「しなやかなエレガンス」です。
南アフリカで1971年に初めて植樹されたティンタ・バロカと、2004年に初めて植樹されたティンタ・アマネーラで作られたワイン。
商品名は、ツウィスト・オブ・フェイト Twist of Fate(運命の捻じれ)という意味。現ワイナリーの先代が、シラーを植えたつもりが、後日、DNA検査でティンタ・バロカとわかり、また、同様に、ティンタ・ロリスと思って植えたつもりが、後日、ティンタ・アマネーラということがわかり、どちらもシラーとティンタ・ロリスのワインとして評判が良かったものの、実際には違っていた。
後日、「運命の意外な展開(運命のいたずら)として、ブレンドしてみたら、さらに出来栄えが良くなった」というエピソードをもつワインです。
WO:カリッツドープ地区。収穫は2月上旬に行われ、その時の糖度は23.5%。除梗・破砕後は、開放桶に移され急冷し、そのまま自然発酵させる。発酵が始まるとすぐにフリーランジュースのみ抜き取り、別のタンクに移して、低温発酵を15度で行う。MLFの後、300Lの古樽で12カ月間熟成。
alc: 12.73 ph: 3.49 rs:4.50 ta: 5.20

 

 

希望小売価格:3500円(税別)

 

 

Winemaker: Louis van der Riet

Appellation: Calitzdorp

Grape varietal: Tinta Barocca 50%, Tinta AMARELA 50%

 

Vineyards

Tinta Barocca was the first Portuguese grape to find its way to the Klein Karoo in 1973. However, this was never planned, as the Nel family thought they had planted Shiraz. Similarly, in 2004, Tinta Amarella was planted, thinking it to be Tinta Roriz. These vines finding their way to Calitzdorp due to a simple twist of fate has now for years been vital to the success story of Calitzdorp port and dry table wines.

 

Winemaking

Tinta Amarela and Tinta Barocca were harvested together early in February at a sugar of 23.5o Balling. Bunches were destemmed, crushed and rapidly cooled in an open fermenter. The berries were then left untouched to start natural fermentation. As soon as the fermentation was underway, the free run juice was drained from the open fermenter and cool fermented at 15-18o C in tank. After fermentation, the wine underwent malo-lactic fermentation in tank with staves.

 

Winemaker’s comments

 

Colour: Lovely cherry red

Bouquet: Sweet strawberry and red cherries fill the glass, with complex underlying flavours of spice, leather, earthiness and subtle oak

Taste: Quaffable red berries and spice. Smooth tannins and well-integrated acidity.

 

Food pairing

Your next favourite wine for a braai wine. Easy drinking this wine is versatile & will suit for any occasion. As a “twist” enjoy chilled for the perfect summer red wine.

 

Chemical analysis

Alcohol: 12.73%

pH: 3.49

TA: 5.20

RS: 4.50 g/l

Extract: 25.40 g/l

 

 

 

<受賞歴>

 

 

◆Gold Wine Award 2017, 2019

 

◆Platter 2018 Guide

 – Hidden Gem

 

◆Double Gold Vitis Vinifera 2018

 

 

 

 

 



Touriga Nacional  2018

デクラン トゥリガナシオナル

 

チェリーやシガー、またスミレの複雑なフレーバーと、ダークチョコレートの余韻が長く続き、滑らかなタンニンを持つ、バランスのとれたフルワイン。

 

ワインメーカー: Boets&Stroebel Nel

WO: Calitzdorp

ブドウ品種: Touriga Nacional

 

ぶどう畑

カリッツドープは、ポルトガルの品種から作られた上質なワインやケープ・ヴィンテージ(ポートスタイル)で有名です。De Kransは、1994年に最初のトゥリガナシオナルをブドウ畑に植え、2000年に南アフリカで最初の単一品種のワインを作りました。カリッツドープの大陸気候は、これらのブドウが生まれるポルトガルのドウロ渓谷の乾燥した暑い気候に似ています。

 

東西向きの畝とマイクロイリゲーションを備えた浅いカルー粘土質土壌に植えられ、これらのブドウの木は高温・乾燥したカルー太陽の下で育ち、世界クラスの品質の果実を実らせます。

 

収獲・醸造

ブドウは2月末、24 Ballingで手摘みで収穫されました。房は除梗され、粉砕され、開放型発酵槽で急速に冷却されました。ブドウに選択した酵母を加え発酵。次に、圧搾し、マロラクティック発酵後、4年目、5年目のフレンチオーク樽で12か月間熟成させる。

 

ワインメーカーのコメント

 

色:  美しいダークプラムレッド。

ブーケ:ダークベリー、スミレ、カカオの複雑な香り。甘いチェリー、白胡椒、トーストオーク。

 

味わい:チェリー葉巻とスミレの複雑なフレーバーと、ダークチョコレートと滑らかなタンニンの余韻の長い後味のバランスのとれたフルワイン。

 

フードペアリング

食物を試すのに役立つ興味深い珍しい赤い品種。鹿肉や牛ヒレのステーキ、子羊のロースト。

 

Al:14.00%、pH:3.67、TA:6.00、RS:3.90 g / l

抽出物:33.30 g / l

 

 

<受賞歴>

 

◆Platter Guide ‘14,’15, ’16, ’19: 4 stars

◆Champion Red at KKYWS ‘13,’16’ 17

◆Michelangelo Awards:’15,’16 – Gold

◆Top 100 wines 2016, 2017

◆SAWI Platinium 2017, Grand Gold ‘18

◆Vitis Vinifera Gold 2017

◆Gold @ Gold Wine Awards: ’17,’18

◆National Winner Terroir Awards 2019

◆CAPPA Top 10 in 2019