De Krans

1890年にNEL(ネル)ファミリーが農場を創業し、1936年にぶどう栽培を始め、1964年にワイン・セラーを築き、56年以上にもわたり、この地方でワイン造りを続けてきたカリッツドープの「パイオニア」がデ・クラン。

 

ケープタウンから、約370キロ東に離れた、クレインカルー地方、WO.カリッツドープ地区を代表するワイナリーといえます。カリッツドープとは、「バッファローの谷」という意味。スティルワイン以外に、ケープ・ヴィンテージ(ポートワインスタイル)の生産者としては、南アフリカで評価を欲しいままにしている。

 

このエリアは、日本のワインの教科書では、日常ワインの生産地区で、あたかも高品質のワインには乏しいとも受取られているが、実際は異なる。ケープタウンにオランダ人が入植する一方、この地区は、ポルトガル人が入植したため、ポルトガルのワイン文化が伝わった。なので、ティンタ・バロカ種やティンタ・アマネーラ種などのポルトガル系品種の栽培地として栄えるだけでなく、国際品種の栽培にも成功している地域である。また、デ・クランは、ポートスタイルの生産者として、パイオニア的存在。なお、南アフリカでは、2007年にEUとの協議でポート・ワインとは呼称できなくなり、こうしたポート・スタイルは「ケープ・ヴィンテージ・ワイン」としている。

 

デ・クランとは、「崖(がけ)」の意味で、ワイナリーが壮大な崖の下に建てられていることが由来。

 

 

画像↑をクリックすると、ワイナリーの公式サイトへジャンプします。

 

アワード・ウィニング

単一品種の特長を楽しめるワイン。

このシリーズは過去30年間で700以上のメダルと賞(複数のVeritasとミケランジェロのダブルゴールドとゴールドアワードを含む)を獲得しており、過去7年間でクラインカルー地域のチャンピオン・プライベート・ワインセラーに6回も栄冠に輝きました。

 

 

 

詳細は、画像をクリックしてください。

ヴィ―ガン・レンジ

ポルトガル系ぶどう品種

 

ポルトガル系ぶどう品種。

 

しなやかで、エレガントなスタイルが 、ポルトガルワインとは一線を画す、デ・クランのエレガンスを味わって欲しい。また、ゼラチン、アルブミン、カゼインなどの動物由来の清澄材料を使用しないビーガンフレンドリーなワイン。 

詳細は、画像をクリックしてください

 

ケープ・ヴィンテージ

南アフリカのポートワインスタイル

 

ケープ・ヴィンテージ(ポートワインスタイル)の生産者としては、南アフリカで評価を欲しいままにしている。

 

多様なケープ・ヴィンテージワインを楽しみたい。

 

 

 

 

詳細は、画像をクリックしてください。